ステージ1の話(4ステージ理論)

身体の状態は4つに分けられる

今日はステージ1の話

4ステージ理論の1番低い所にあり、状態が悪いステージ1

ここの状態を詳しく説明していくと、

症状が強くて、日常生活を送るのも辛い

痛みなどが辛く、身体を動かすのも辛い

仕事をするのはかなり厳しい状態

これ以上悪くなると、日常生活が送れなくなる

炎症症状が出ている

で、

例を挙げると

足を捻って、足を付くのが出来ず、歩く事が困難な状態

前かがみで物を持った時に激痛が走り、身体を起こすのもつらい状態

肩の痛みで、少し動かすだけでも激痛が走る状態

首から腕まで痛みがあり、痺れもある状態

などなど。

もう

見るからに辛いと分かる状態を指します。

この

ステージ1でやるべき対応は一言で言うと

動かすな!!

出来る限り安静にすること

氷で冷やすこと

動かさないように圧迫を掛けること

患部を心臓より高くすること

英語の頭文字を取って

RICE

とも呼ばれます。

凄く有名なので、皆様も聞いたことがあるかもしれません。

が、

これを実践している人は

凄〜く少ないです。

なごみに来た方で、ステージ1の時に

このRICEを

しっかり行なっていた方は

ほぼいません。(数字では表せませんが。。)

知らない方もいますし、

知っていたとしても、実践していない方もいます。

このRICEの指導をすると、

そんなに変化起きるの???

と、

ほぼ

疑われますし、嫌がられます

が、

実践してくれると、

逆に患者さんから

『先生、RICEって凄いね!

やるのとやらないのでは症状が全く違う!!』

興奮気味に言ってくれたりします。笑

是非

騙されたと思って

実践してみて下さい。

なごみでは

子どもでも

80代の方でも

ステージ1にいる方には必ずRICE指導をします。

今のところ

悪化した事はありません

やめ時ですが、

日常生活が送れるようになったら

が、

サインです

症状は残っていると思いますが、明らかに身体を動かす辛さが変わります。

そうなれば

ステージ1が終了します

ステージ2に登っていきましょう

ステージ2の説明は、

また後日(^^)

動かすのが

Categories 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close