ライフセーバー 和田賢一

「誰もが誰かのライフセーバーに」

 

ライフ(いのち)セーブ(守る)

 

ライフセーバーはその名の通り、いのちを守る人です。

 

娘が地元のライフセービングチームに所属している関係で接点を持った話。

様々な競技がある中、

最も好きな競技がビーチフラッグスでした。

 

昔のテレビ番組(筋肉番付)でも放送されていたので、馴染みがあった事もありますが、

一番惹かれたのは、

 

 

自分でも子どもに教える事が出来るから

 

 

泳ぐことが苦手な私は、海の競技(ランスイムラン、ボードレースなど)については全くアドバイスをする事は出来ません。

ただ、うつ伏せから反転してフラッグをめがけてダッシュするだけのビーチフラッグスなら、

カラダの使い方の観点からアドバイス出来そうだと感じたんです。

 

 

そこからは

ユーチューブでひたすらビーチフラッグスの動画見る毎日。

子どもの大会に行ってはビーチフラッグスのスタートを研究。

大人の大会も(子どもが応援に行きたいというので)ビーチフラッグスはほぼフルで観戦。

 

徐々にスタートのスタイルが何種類かに分けられる事が分かり、

選手の特徴によって選んでいる事が分かってきました。

 

 

そんなこんなで1年が過ぎた今年の11月。

ビーチフラッグスの日本代表が館山で合宿を行うことに。

 

館山サーフクラブとも交流会をしてくれ、練習を間近で見ることができました。

 

いくつかの競技に分かれての練習で

私はもちろんビーチフラッグスへ。

 

目の前に動画でずっと見ていた森新太郎選手が練習をしていました。

森選手は話しかけると、本当に気さくに対応してくれました。

素人丸出しでスタートについて質問する私に、嫌な顔一つすることなく丁寧に応えてくれました。

一気にファン度が上がりました。

 

質問させて頂いた内容の一つに

スタートのスタイルの違いについて

私は1つのレースについて質問しました。

それまで私は森選手が行っている、重心を低くしたまま反転を早くする

通称ジャパニーズスタイル

が一番速いと思っていました。

ただ、2016年全日本の決勝では、ジャパニーズスタイルの森選手よりも

状態を高くして加速力をつける

通称オージースタイル

の選手の方が勝っていたのです。

その時も、スタートに関しては森選手の方が身体半分抜けていたように見えたんですが、もう一人の選手の加速力が一気に森選手を抜き去りフラッグを取っていました。

 

「ああ、和田選手ですね。」

 

ひと言さらりとその選手の名前が出てきました。

 

森選手曰く、

反応が早い選手は僕みたいなジャパニーズスタイルが向いていて、

加速力がある人はオージースタイルが向いている。

どちらが良いかは、その人の個性によるんではないか。

 

本当に丁寧に教えてくれました。

 

 

そうなんだ~!奥が深いな!

と感激するのと同時に、もう一つのスタイルについて興味がわいてきました。

さらりと出てきた

和田選手についても。

 

 

全日本のビーチフラッグスを見学しながら、サーフクラブのコーチにヒアリング。

「ああ、ワダケンですね。

そういえばこないだフェイスブックでワダケンが練習風景をアップしてて、

『俺の至上最速』のスタートを出してましたよ。」

 

と、その動画を見せてくれました。

 

今度はその動画をひたすら研究する日々。

ワダケン 和田賢一さんは

SNSを頻繁にアップしていて、彼のチャレンジの様子を良く知る事が出来ました。

 

先日行われた世界大会は銅メダル。

4年前は銀メダルだったそうで、世界一を目指していた本人にとっては不本意な結果だったようです。

 

凄いんですけどね!世界3位って!!

 

そして、

和田賢一さんは

先日

 

TEDxKyoto

 

に出演していました。

動画はこちら⇩

誰もが誰かのライフセーバーに Everyone can be someone’s lifesaver | Kenichi Wada | TEDxKyoto

キャプチャ

 

その内容がまた衝撃的でした。

 

和田さんは高校まで野球のピッチャーをしていましたが、失敗を恐れて投げられなくなり挫折。

大学時代はテニスに打ち込むも花開かず。

友人に誘われスポーツトレーナーを目指し、アメリカへ。最先端の技術に感銘を受け、この道に進もうと決心し帰国。

日本で資格を取りに行ったのが

日本ライフセービング協会(JLA)主催の心肺蘇生の講習でした。

 

そこで、

見せてもらった動画に

『あなたは大切な人を護る事が出来ますか??』

この言葉が胸に突き刺さり、

ライフセービングの道へ進みました。

 

そして、

ビーチフラッグスとの出会い。

瞬発力に自身があった和田さん、これならいける!

そして何より、速くなればそれだけ護れる命が増えるというシンプルさにどんどんはまっていきました。

大学4年生の時の話だそうです。

 

社会人になっている和田さんはなかなか練習時間・場所を確保する事に苦労して、

 

なんと家の近所の公園の砂場で練習をしていました。

 

 

 

『な、何をしているんですか…?』

 

 

 

『夢を、追いかけているんです』

 

 

こうして職務質問を冷静に3回かわしたそうです。笑

 

 

とにかく一生懸命に練習した和田さんは

ビーチフラッグスを始めて3年を過ぎ、練習の反復回数が10万回を超えたころに

見事日本一を獲得!!!

 

凄いですよね!?

競技歴が浅いなんて言い訳にならない!どれだけ密度を濃く練習を出来るか、それが大事なんだと教えてもらいました。

 

話はそれだけで終わりません

今度は世界一を目指した和田さん。

当時世界最強と言われた選手がいました。

 

 

サイモン・ハリス

 

 

 

和田さんは彼のスタート技術を習得したいと思い、26歳のときにオーストラリアへ。

サイモン・ハリス本人に教えてもらったそうです!(凄い)

そして5か月後には、サイモン・ハリスに勝つことができ、現地の新聞にも載る事に。

しかし、1週間後の世界選手権では銀メダルになりました。

 

決勝でも、サイモン・ハリスから教わったスタートでは勝っていたものの、その後の走力で負けてしまった和田さんは、

 

帰国後に総力を上げるため、日本の陸上チームへ一緒に練習させてもらえるよう、あちこちにお願いに行きました。

しかし、陸上では何の実績もない和田さんを受け入れてくれるチームはありませんでした。

 

 

さて困ったぞ、と。

 

行き詰まった時こそシンプルに考える

 

こう考えた和田さんは

 

世界で一番速い選手は誰だろう…?

 

あ、(ウサイン)ボルトだ…!

 

 

ですが和田さんは、ボルトの連絡先を知りませんでした(そりゃ確かに)

 

なので、人に頼る事にしました。

 

『ウサイン・ボルトと一緒に練習したいので、彼の連絡先を知っている人がいましたら教えて下さい!』

 

SNSでこう発信したそうです。

 

 

すると一人の方から

 

 

『ここへ連絡してみろ』

 

 

と連絡先を教えてもらったそうです…!

 

そこで和田さんはありったけの想いを文章に載せてメールを送ったそうです。

 

 

すると、返信が

 

 

『今すぐジャマイカへ来い!一緒に練習しよう』

 

 

 

ほんとに!??

 

 

 

本当だったんです!

https://mainichi.jp/articles/20141107/mog/00m/040/024000c

 

 

ジャマイカでは誰よりも遅かった和田さんですが、

全力で練習に取り組みました。

 

その頑張りを見ていたチームメイトは

最初和田さんを

チャイナ

と呼んでいたのが(日本人なのに)

 

ジャパン

 

ケン

 

となり、帰るころには

ヘイ、ブラザー!

 

と呼ばれるほどに!!

 

ボルト選手の家にも招待されたそうです!(凄い良い人だったみたい)

 

このジャマイカ留学で和田さんの走力は飛躍的に上がったそうです!

 

 

 

そして日本に帰国して

 

事件が起きました

 

地下鉄のホームで

女性がが倒れていたんです。片手に携帯電話を握りしめて。

通話先の母親が心配して『だいじょうぶなの?だいじょうなの?』

と叫び続けていました。

 

その間

 

 

47分間

 

 

47分もの間、誰もこの子を助けてあげれなかったんです。

 

和田さんは慌てて救急車を呼びました。

 

そして、

 

今の世の中は何かおかしい・・・

 

日本はこんなに経済的に豊かな国になったのに

 

安全な国なのに・・・

 

 

日本と言う国は

自殺者が非常に多い国です

 

自分の夢を追いかける事をあきらめる子ども達が非常に多い国です

 

経済的な豊かさと心の豊かさは一致しない

 

こう気づいたそうです。

 

だから

海辺のライフセーバーだけでなく社会のライフセーバーになる事を決心したそうです

 

講演活動や

未来のライフセーバーを目指すプログラムを幼稚園や小学校に提供しているそうです

 

 

和田さんが人生で、困難に合ったとき、いつも誰かが自分のライフセーバーになってくれた

 

 

誰もが誰かのライフセーバーになれる

 

 

そう信じて活動を続けているそうです。

 

 

この動画を見て

 

正直震えました。。。

 

 

何度も挫折している事  やはり反発力が大切だと教わりました

社会人目前でこれだって思えるものに出会った事  何事も始めるのに遅すぎるということはない!と教わりました

目標に向かって時間を自ら作り、ひたすら反復練習をする事が出来た事 本当にやりたい事は時間を忘れて没頭できるということ!没頭できていないという事は本当にやりたい事ではないかも・・・?

最適な方法の為には距離やお金なんていとわないこと オーストラリアに行き最高のライフセーバーに教わったことや、ウサイン・ボルトと一緒に練習してきた事!!!

 

和田さんのやってきたことは、人間、やれない事はない!という至極シンプルな事をガツンと私に届けてくれました。

そして、自分も高みを目指しながら、後進を育て始める

自分の高みの為に、活動していた方が、誰かの為に活動を始めた

 

まあ

 

本当に

 

和田さん、かっこよすぎです!!

 

是非和田さんの動画

ライフセービングを見て欲しいと思います!

 

そして館山の方でお子さんをお持ちの方は是非

館山サーフクラブで一緒に活動しましょう!

 

 

目指すゴールの先に、救う命がある

 

私も、ライフセーバーになります!

 

 

健康の雑学 カラダの大原則

私は治療院で患者さんとお話するときに

生活指導として必ずお伝えする事があります。

 

それは

カラダの大原則といっても過言ではない

大切であり

普遍的なもの

 

 

カラダは

痛い事をすると、

悪化する可能性が上がり

治るのが遅くなり

かばって別の部位に負担を生じる

 

と言うことです。

 

 

凄く当たり前のこと?

 

そうなんです。

 

 

ただ、

その当たり前のことが出来ない状況がままあります。

 

 

だからといって

仕方がないでは良くはなっていかないので、

 

まずはこの大原則を頭に入れた状態で

・気を付ける

こう意識するだけでも全く変わってきます。

 

そして、

・負担をかけてしまった箇所はアイシングなどでクールダウンをする

・無理して出なくて良い用事は、しっかり休む

 

特に、症状の強い時期はかなり意識して欲しいです。

この痛みの強い時期をどう過ごすかで、治る期間が大幅にズレていきます。

 

痛みが出たら、カラダから

「今無理しているぞ、問題が起きているぞ。少し休め!」

とサインしてもらっている証拠。

 

このカラダの声を無視せずに対応していきましょう。

 

凄く当たり前だけど大切なカラダの大原則。

 

是非、頭に入れておいてください!

マインド マインド マインド

話し方の学校

学長の鴨頭さんは

スピーチは3つの要素に分ける事が出来るとおっしゃっています。

 

それは

デリバリー(表現)

コンテンツ(内容)

そして

マインド(考え方・心の傾け方)

スピーチ3要素

です。

で、

これらを学ぶ順番があります。

 

これが大切だと。

 

さあ、どれが一番最初に学ぶべきものでしょうか?

 

 

 

それは

 

①マインド

②コンテンツ

③デリバリー

 

なんです。

この順番を間違えると、

話はうまいが、薄っぺらい人

悪意がある人なら

人をだましたりしてしまう

 

 

スピーチは誰でも上手にできるが、マインドを高めていかないと不幸になる

 

これが鴨頭さんの出した結論でした。

 

 

なので、まずは

マインド(考え方・心の傾け方)の醸成からしていったのですが、

 

大切なのは

言行一致

自己承認

他者承認

 

の3つです。

 

まず1つめ

言行一致とは、

その名の通り言葉と行動を一致させる事。

ウソをつかない事。

です。

なので、言行一致する事が難しい状況に身を置かない事が重要になり、自分の考えを発信する事も大切になります。

 

 

2つめは

自己承認

自己承認を高める方法として推奨していたのが

笑顔の自撮り

鏡を見ながら笑顔歯磨き(笑顔で歯磨きをする。まんま!)

 

わざと笑顔を作る事で表情筋を動かし、脳へホルモンを分泌させます。

そう

作り笑顔は生体反応で幸せホルモンを出すのです。

まずは1ヵ月続けてみましょう。

 

そして最後に

他者承認

これを引き上げるのが

褒めワーク

これは自分の周りにいる人をひたすら褒めるポイントを探し言う。

後は

褒めシューティング

(電車など公共の場所で目の前にいる人を妄想で褒める。想像力が大切)

などをしていきます。

 

これは、他者への興味関心を持たせる事が出来るので、コミュニケーションスキルが上がります。

 

治療でも

この考え方は大切で、

言行一致→絶対治るって言いながら頭では反対のことを思っていたら絶対良くならない。

自己承認→現状を受け入れる事が、治癒への第一歩

他者承認→観察能力が上がるので、患者の状態の分析や、コミュニケーションが円滑になる

 

となります。

このスピーチの3要素は実は、全ての事に繋がるのではないかなーと思います。

 

なので、まずは

マインド

マインド

マインド

 

マインドを高める3つの作業をしていきましょう!

 

 

 

 

 

発信する事はプレゼント

人前で話す事は苦痛ですか???

自分の想いを人前だけでなく、SNSなどで発信する事は嫌ですか???

 

 

私は2017年に

”伝える力”を身に付けたく

鴨頭嘉人さんが学長の

kamo

「話し方の学校」

キャプチャ

へ入学しました。

 

鴨頭さんは

「話す事はプレゼント」

人前で話す事は相手にとってプラスになるから

どんどん話そう!

 

と伝えています。

鴨さんから学んだ事は数多く、

今こうして書いているブログや

フェイスブック

インスタグラム

ツイッター

ライン@

そして

ユーチューブ

など全て鴨さんから言われて始めたといっても過言ではありません。

 

自分の考えている事、体験した事などがたとえ些細なことでも、それを見た相手にとっては

 

為になったり

 

何か思いついたり

 

笑えたり

 

幸せな気持ちになれたり

 

するかもしれません。

私は自分の望む世界になって欲しいので

普段考えてる健康に関する事はもちろん

いい年してバク転にチャレンジしたり

ビーチフラッグスにチャレンジしたり

する姿を投稿したりします。

人によっては

「何やってんの?」

と思うかもしれません。

でも、

一人でも

「俺も(やりたい事を)チャレンジしよう!」

 

と思えるならば

 

 

発信してて良かったと思えるんです。

 

発信する事は

誰かにとっては

プレゼントになる

 

私はこれからも

発信を続けていきます。

 

是非、

何でも良いので

皆が

前向きになれるような発信を

していきましょう!

 

#鴨頭嘉人

#話し方の学校

#話す事はプレゼント

#SNS

 

 

 

 

 

 

 

 

身体と心と魂と

私の父は治療家です

好きなものはアインシュタインと空海

今は治療院を引退し、

毎日、仏壇の前でお祈りをしながら般若心経を唱えています

大人になってから物理学に目覚め、ユーチューブで勉強もしています

そして

ブログに空海とアインシュタインへの想いを書き連ねている日々。

そんな父から教わった事の一つに、

ヒトの成り立ち

があります。

ヒトは

身体と、

心と、

魂で出来ている

身体と心は一代で終わるが、

魂は無くならず、

来世でまた、

新たな身体と心に

入っていく。

だから、

同じ遺伝子を持つ兄弟、双子でも、

全く同じ性格の人間はいない。

魂は独立しているから

そして、

治療をする中でも、

この考え方を頭に入れて置いた方が良い。

身体からアプローチするのが、治療。

心からアプローチするのがカウンセリング。

そして、

魂からアプローチするのが祈り。

3方向からアプローチしていくと、

より良い状態になっていく

それぞれは独立しているわけではなく、

相互に影響を受けている

私はこの

身体と心と魂の

考え方が

好きです。

この考え方があると、

どうにも救われない人生に思える状態の方にも救いがあるのではないかと思えます。

生まれつき病気を抱えていて、長く生きられない方

突然の交通事故に遭われた方

被災された方

何か悪い事をした訳ではないのに、

一見

不幸を抱えている方がいる事実を、

魂が世を越えて繋がっていると考えると、

今世は徳を積む為なのかなと

思えます。

魂は永遠

だから今世はいい加減に生きて良い

訳ではなく、

魂は常に磨き続ける必要があります。

魂を磨く事を

徳を積む

と言います。

徳を積むとは、

ざっくばらんに

良い事をする

で良いと思います

身体に良い事(治療、運動、規則正しい生活)

心に良い事(前向きな姿勢、気持ち)

魂に良い事(祈り)

を、

していきましょう

我が家も

時々忘れますが汗💦

朝に

お祈りをして、

家族で

般若心経を唱えて

家を出ていきます^_^

健康の雑学 お酒

酒は百薬の長というように

適度なお酒は

食欲を増進させたり

血行を良くしたり

コミュニケーションを円滑にさせたり

ストレスの緩和など

様々な効能があるといわれています。

 

が、これも

カラダの状態により状況が変わってきます。

 

特に

 

痛みなどの症状が強い状態の時に

 

お酒を飲むと

 

炎症を強め

痛みなどの症状は増して

治りを遅める事になります

 

また

一見血行を良くしているようにも感じますが

これは

動脈の血流は良くはなっていますが、

静脈の血流は著しく悪くなっています

(静脈は肝臓を通るが、アルコール分解に肝臓が使われているため)

 

睡眠についても

寝つきは良くなりますが、

本来カラダの修復に使う時間であるときに

アルコールを分解しないといけないので

睡眠の質を

著しく落とします

 

もちろん、

酒量によると思いますし、

個人差が激しいところでありますが、

 

普段、コントロールをしてお酒を飲める人は

お酒への依存が低いので

上記のことを伝えると

「では、(症状の強い)今はやめておきます」

となります。

 

そして

お酒への依存度が高い人は

酒量が多いので、

上記の危険性が

一層高まります。

 

実は

お酒に関しての

一番の問題は

 

お酒には

依存の力が強く

飲酒の習慣がある人は

徐々に酒量が増え

更に依存を高める

 

と言うことです。

意志の力ではなく

 

お酒の依存の力は

気づかないうちに

 

カラダをむしばみます。

 

 

なので、

なごみに来て

特に

状態の悪い(症状の強い)

方の場合は

 

治りが遅くなる

悪化する

 

事をお伝えして

一定期間

 

お酒を控えるよう

指導をしています。

 

宴席の多いこれからの季節

 

自分の身体の状態とよく相談して

お酒への

対応を!

 

 

 

健康の雑学 お風呂

皆さんは毎日お風呂に浸かっていますか???

 

ヒトには自分で自分のカラダを治す能力が備わっています。

これを自然治癒力と言ったり

回復力と呼んだりします。

 

カラダの不調を治すのは、治療家でもない、鍼でもない、整体でもない

本人の治癒力が治します。

 

我々治療家は、この自然治癒力が発揮できる環境を整えているのです。

 

この自然治癒力が十分に発揮出来るよう自分でも出来る事があるのでしょうか???

 

あるとしたら

何をすれば良いのでしょうか???

 

その答えの一つに

 

【お風呂に浸かる】

 

ことが挙げられます。

 

お風呂に浸かって一定時間すぎると

じんわり汗が出て来て

「あ~、気持ちいい~。。」

と感じてくると

 

カラダはリラックスしている証拠。

人が回復するのにはこの

リラックスしていることが重要。

 

お風呂は自分の生活の中で手っ取り早くリラックスできる

非常に優れたツールです

 

今の時期は多くの方が

寒いので

 

お風呂に浸かっていると思いますが

これは

夏の暑い時期でも同じです

 

是非、

お風呂に浸かる習慣を!

今の時期から始めると続きやすいですよ~🎶

長年の痛みをあきらめないで

10年以上前から膝関節症に悩まされ、

むくみの症状や

歩くのが不安定な状態でした。

 

なごみに行こうと思ったきっかけは

たまたま新聞の中になごみさんの折り込みチラシが入っていて、

院長の治療に対する想いや治療理念に共感を覚えて、

行ってみようと思いました。

 

治療院に初めて来院した時の印象は、

先生やスタッフ共

非常に明るく、話しやすい雰囲気だなあ

と感じました。

 

姿勢が根本の原因であること

機能が低下していること

 

など詳しい説明をしてくれてから

施術がスタート

 

ソフトな治療で

痛みもさほど感じませんでした。

 

継続して治療を続け、身体に少しづつ変化が見られました。

 

長年苦しんでいた膝の痛みがなくなり、

むくみも緩和されました。

膝の可動域(動く範囲)も改善し、

機能訓練の積み重ねで、80代後半でも筋力がupしました。

リハビリ目的の日課の散歩もできるようになり、有意義な時間になっています。

 

痛みからの解放はQOL(生活の質)の大きな改善に今後もつながると思います。

 

最後に

長年の膝腰の痛みを

あきらめがちな方が多いと思いますが、

定期的に治療や機能訓練を続ければ

必ず変化があります!

ゴールをイメージしてあきらめずに続けて下さい!

(80代女性の娘さんより)

 

いくつになっても

症状が長く続いていても

治療を続ければ変化は起こる

 

同じように悩まれている方も多いと思います

決してあきらめないでくださいね

 

 

 

 

健康の雑学 タバコ

今日はタバコのお話

タバコが健康に悪いことは誰もが知っています。

知っていない事が問題ではなく、実践できないのが問題なのが禁煙。

ここで私は患者さんに向けてこのような話を伝えます。

大前提として、

治療院に来る患者は『症状を良くしたくて』来院されます。

なので、身体が良くなる仕組みを伝えます。

身体が良くなる為には、血液がスムーズに流れている事が大切です。

そして、治療も血流という観点で言うと、スムーズに流れるようにしていきます。

血流が悪ければ、流すように

逆に良過ぎると(炎症など)抑えるように

きめ細やかにコントロールします。

これは、私達術者が行うだけでなく、患者さん本人にも出来ることが沢山あるので、その方法をお伝えしていきます。

例えば、

お風呂に入る習慣をお伝えしたり、

軽い運動をお伝えしたり、

炎症が強い場合はRICEをお伝えしたり

その一つに

タバコの話をします。

タバコは沢山の害が挙げられます。

その中で

血液の流れを著しく悪くする事を伝えます。

良くなる為には

血液の流れをスムーズにする事をずっと伝えるので

流れを悪くすると

症状の改善が上手くいかなくなる可能性があるとイメージしてくれます。

患者さんは症状を良くしたいので、血液の流れを悪くする事を、

自ら行う事に

抵抗を感じます。

『良くする為なら、禁煙してみよう』

こう思えると、

誰もが実践したい

禁煙に

一歩を踏み出せるんじゃないかなと思ってます。

健康の雑学 休養

健康になる為に必要な3要素

休養

栄養

運動

が挙げられます。

今回は休養の話。

休養の中で代表的なもので最も重要なのが

睡眠

です。

【睡眠の効能】

脳と身体に休息を与える

記憶の整理と定着

ホルモンバランスの調整

免疫力を上げる

脳の老廃物を取り除く

 

といった所が挙げられます。

逆に言えば

【睡眠不足になると】

肉体的な能力の低下はもちろん

脳の力も衰える

意志の力、意識の力が弱くなる(我慢がきかなくなる)

 

となります。

こんなに大切な睡眠ですが、

現代の日本人は先進国の中でも特に睡眠時間が少なくなっています。

 

特に働き盛りで体力もあると思われている30代の方は注意が必要です。

今は

人生100年時代

30代を無理する事で残りの60年間(まだ半分も過ぎて無い!)を不健康で過ごすのは本当にもったいない!

 

今からでも遅くない!

さあ

布団に入りましょう!

 

人生の最重要項目に

【睡眠】

を入れる事で

 

あなたの健康状態は良くなり、楽しい人生を送れます!